電子出版
書籍・雑誌などの企画立案から編集、デザイン、電子化、販売までトータルにお手伝いいたします。
紙出版
書籍・詩集・写真集・雑誌などの企画立案から編集(取材・原稿作成・写真撮影)、デザイン、印刷までトータルにお手伝いいたします。


本詳細

謝して遺言

2012/03/14発売

謝して遺言

お試し読みはこちらから。

山本十四尾

内容紹介:
今年が最後の花見 母を背負って案内したとき 耳元で母がこう言ったのだ 「逆さ枝垂桜の花がみたい」 それからまもなく他界した 以来その花への旅として 東国花の寺百ヶ寺を訪ねつづけている

そのなかのひとつの寺 奇景として昔は乞食山の名で通っていた岩舟山の近くにあるその寺は ぼけ封じ観音 枝垂桜 木瓜の花で知られている 日光東照宮の絵師がその帰りに立ち寄って書いたとされている天井の梵字 絵柄に見入っていたが さらに住職夫人からあれが逆さ枝垂桜と指を向けられたとき 私は硬直した 背負ったときの母の温もりが蘇生してきたのだ
「逆さ枝垂桜」より抜粋

種別:詩集

ISBN:978-4-905147-08-4

版型:AB判 72頁

価格(税込):\2,500