Get Adobe Flash player
鉱毒悲歌最新情報

足尾鉱毒事件「幻の記録映画」完成 「鉱毒悲歌」


撮影から35年。

幻の記録映画が蘇る。
足尾、谷中、北海道佐呂間、鉱毒に追われた人々の人生が、風景が。

 明治44(1911)年に北海道佐呂間へ移住していった旧谷中村農民の孫子を追って、あるいはそれ以前に那須へ移住していった農民を追って、彼等の苦難の道をフィルムは記録する。

 渡良瀬川の上流、足尾銅山で、煙害で消滅した松木村農民の話、雲竜寺に佇む坑夫の墓、住職が語る強制連行の話。銅山閉山後も続く珪肺病患者の闘い。さらに渡良瀬川下流、谷中村の芦原に佇む旧谷中村の墓地、その遺跡を守ろうとする人たちの活動、葦刈り権を巡る旧谷中村村民と周辺農民の争い、さらに津軽海峡を渡り、北海道佐呂間に移住していった農民とその子孫の苦闘の姿を、カメラは淡々と追い続ける。

 最後まで田中正造と行動をともにした島田宗三さんのインタビューは大変貴重な記録になっている。島田さんが語る田中正造からは、谷中村農民に優しく思いを寄せる姿勢が伝わってくる。


プロモーションビデオ


 

Topics

何故、今「鉱毒悲歌」が世に出たのか。

1972年(昭和47年)宇都宮市に「宇都宮市自主上映の会」が誕生(会長:谷博之、会員約30人)。主に市中の映画館では見ることの出来ない貴重な反戦映画や、お蔵入りとなっていた映画を上映。

        Read more...

松木沢カラミ








北海道佐呂間への入植

田中正蔵が天皇に直訴したことにより、谷中村に土地収用法が発動され、強制買収、強制立ち退きが執行された。

        Read more...

佐呂間

鉱毒悲歌上映予定

鉱毒悲歌チラシ

上映会は順次増えていきそうです。チェックをして、近所で上映するようでしたら、ぜひご覧になってください。

Read More

上映会企画団体募集中

上映会を企画してみませんか。

大勢の人にみてもらいたい。どんなに小さな会場での上映会でも歓迎です。詳しいことは下のボタンをクリックしてください。

Read More

DVD販売

DVD「鉱毒悲歌」

DVDの販売は終了いたしました。
たくさんの注文を頂き、ありがとうございました。
現在販売方法を変えようと準備中 ですので、しばらくお待ちください。

【下野新聞 2014年6月27日朝刊より】

蘇る『鉱毒悲歌』製作委員会の記者会見(下野新聞社) 足尾鉱毒事件を後世に伝えたいと、1970年代の足尾町や田中正造関係者などを取材した幻のドキュメンタリー映画「鉱毒悲歌」が35年ぶりに完成し7月26日、宇都宮市内で上映される。当時制作に関わった前参院議員谷博之さん(70)が委員長を務める「蘇る『鉱毒悲歌』製作委員会」が企画した。

Read More