Get Adobe Flash player

 1972年(昭和47年)宇都宮市に「宇都宮市自主上映の会」が誕生(会長:谷博之、会員約30人)。主に市中の映画館では見ることの出来ない貴重な反戦映画や、お蔵入りとなっていた映画を上映。そして1973年(昭和48年)「襤縷の旗」(三国連太郎主演)を2日間、栃木会館で上映。多くの方々が鑑賞し、反響を呼んだ。そして、その上映会の反省会の中から「谷中村強制破壊を考える会」が結成され、足尾問題、渡良瀬遊水地、田中正造の歴史的役割等を学び、研究する団体へと発展した。そして、足尾、渡良瀬とメンバーがその遺跡をたどり、関係者との交流を深めていく中で、今、まだこうした現存する歴史的な事実と遺産を、何かの形で記録にとどめ、後世の人たちに伝えていかなければ、30年後、50年後には、もう何も残らない、全てが風化された状態になってしまうと危惧し、自分たちは小さな力ではあるが、今ここで映像としてその姿を残していこうということになりました。

 そして、1974年(昭和49年)、全国のこの映画に注目していただいた多くのみなさんから、貴重な資金の支援を受け、貴重な資金の支援を受け、まだ足尾銅山古河精練所の溶鉱炉が、まっ赤に燃え黒煙をあげている足尾と、谷中村の強制破壊をされた廃墟の残る渡良瀬遊水地のヨシ原から、撮影に入っていったのでした。

 しかし北海道の佐呂間栃木部落への2回にわたる撮影の頃には、フィルムを買う資金もなく、製作スタッフの生活費にも困難をきたす状況は続いたのでした。その結果その後1年も2年も撮影の出来ない状態が続きました。製作費用は貴重な支援のカンパ以外は、会員の拠出金で全てまかなわれていましたが、会員の中には給料とボーナスのほとんどを数年間にわたって、この映画につぎ込む人もいました。

 この映画は、1983年(昭和53年)頃までの映像で終っていますが、まだまだ撮り続けなければならない課題は沢山あったと思います。資金不足で、ここまでの映像で終ってしまい30年の空白が出来てしまったのでした。そして編集作業という映画として一番費用のかかる段階でストップしてしまいました。

 しかしこの映画をなんとしても世に出したいという多くの関係者のみなさんの熱意で最後の力をふりしぼり、4年後の1983年(昭和58年)ようやく編集作業に入り、ナレーションや効果音を付け2時間40分の作品となりました。上映会をしたのですが作品が長編すぎて意図が伝わりにくかったようです。そして、更に30年の時が流れ、2014年再編集した『鉱毒悲歌』は1時間43分にまとめ上げて完成しました。

 映像に出てくる方々の多くはもう現実には会うことの出来ない世界へと旅立っていきました。そうした方々がまだ存命の間に『鉱毒悲歌』をなんとか世に出したいと思っていましたが、実現できずまことに残念です。

 2014年、さらに編集作業を進め、『鉱毒悲歌』を1時間42分にまとめ上げました。フィルムが保存状態が悪かったせいで長い間風雪によって大変痛んでいます。見づらい映画の完成となりました。深くおわび申し上げ、長い間ご協力下さいました全てのみなさまに重ねて心からお礼申しあげ、経過の報告にいたします。

(なお、この映画の製作の過程で、当初この映画のタイトルを、ドキュメント「谷中村」というタイトルで紹介しておりましたが、途中から関係者の間で改題の話がもちあがり、議論の結果「鉱毒悲歌」となりましたことを、ご紹介させていただきます)。